愛知大学図書館

名古屋図書館開館カレンダー

 A…8:50-21:00   B…8:50-18:00
 C…9:00-18:00   D…10:00-17:00
豊橋図書館開館カレンダー

 A…9:00-20:00   B…9:00-17:00
 C…9:00-18:00   D…10:00-18:00
車道図書館開館カレンダー

 A…8:50-22:00   B…9:00-20:00
 C…8:50-20:00 
愛知大学図書館 日本語 英語 中国語
|図書館からのお知らせ

【学外・学内の方へ】愛知大学図書館主催 知のミーティング ドキュメンタリー映画  「疎開した40万冊の図書」 愛知上映会を開催します!

愛知大学図書館では『ドキュメンタリー映画「疎開した40万冊の図書」愛知上映会』を
開催いたします。

この映画は戦争中に“本”を守った人たちについて描かれたドキュメンタリー映画で、
愛知県内において初めての上映会となります。
参加をご希望される方は開催案内参加申込書をご確認の上、FAXまたはE-mailを
お送りください。

多くの方のご参加をお待ちしています。
              24日(金)24時
【申込〆切】2014年10月20日(月)17時 (〆切を延長しました)

【学外の方へ】名古屋図書館 一般社会人利用者の追加募集について

名古屋図書館では、調査・研究を目的として利用を希望される名古屋市及び蟹江町に
在住・在勤の方を対象として利用申請を受付けます。(追加募集)

ご希望の方は、「2014年度 愛知大学名古屋図書館一般社会人募集・利用要綱」を
ご確認のうえ、申請をお願いいたします。

<手続書類>
2014年度’愛知大学名古屋図書館一般社会人募集・利用要綱
図書館利用願(一般社会人用)

全国大学ビブリオバトル2014予選会 東海A,Bブロック 愛知大学名古屋図書館予選会開催のご案内

ビブリオバトルを愛好する大学生のための全国大会である
『全国大学ビブリオバトル2014京都決戦』が開催されます。
この大会に出場するための最初の関門である予選会を
下記のとおり開催いたします。発表者及び観戦者として
奮ってご参加ください。なお発表者については事前に、
登録が必要です。以下までご連絡ください。

【愛知大学名古屋図書館予選会】

開催日時:10月25日(土)13:30-15:00(予定)
     (※終了時間は発表者数により変更あり)
開催場所:愛知大学名古屋図書館ディスカッションルーム
主 催  :愛知大学名古屋図書館

発表者は10月17日(金)までに以下の内容を連絡ください。
1.学籍番号
2.氏名
3.連絡先電話番号(あるいはメールアドレス)
4.紹介する本のタイトル(名前)

なお、連絡いただく個人情報はビブリオバトル大会の開催以外には
使用しません。

連絡先:愛知大学名古屋図書館 担当:中村、小木曽
     メールアドレス nlib@ml.aichi-u.ac.jp

今後のスケジュール
11月29日(土)東海A,Bブロック大会(名古屋大学開催)
12月14日(日)全国大学ビブリオバトル2014京都決戦(京都大学開催)

【豊橋図書館】入庫ガイダンスのお知らせ

下記の日程により、入庫ガイダンスを開催します。
入庫ガイダンスを受講された方には「入庫証」を発行します。
「入庫証」があれば、書庫の本も開架室と同じように自分で手にとることができます。
卒論・レポート作成等に書庫の本をおおいに利用してください。

場所:図書館内 グループ学習室B

定員:各時限先着30名

受講資格:図書館入門ガイダンス修了者

日程:10月6日(月)~10日(金)、16日(木)各3時限目

10月6日(月)は台風のため20日(月)3時限目に延期します。 (さらに…)

データベース「日経BP記事検索サービス」がリニューアルしました!

「日経BP記事検索サービス」は、日経BP社などが発行する雑誌記事や
企業、官公庁、地方自治体が発表したリリースなどをオンライン上で
検索・閲覧できるサービスです。

今回のリニューアルにより、機能の改善やコンテンツ充実だけでなく、
学修・研究および就職活動に、より一層活用できるサービスになりました。

積極的に活用してください。

リニューアルのポイントはこちらをご覧ください。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス開始について

 7月7日(月)より、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、
入手困難なものについて、愛知大学図書館内の特定パソコンから
閲覧・複写できるサービスを開始します。

<利用条件>
 ・一般社会人の方は利用できません。
 ・利用の際は、カウンターでの申請が必要です。
 ・著作権法の範囲内でのプリントアウト(有料)も可能です。
  ※図書館スタッフによる代行印刷

サービスの詳細は、国立国会図書館Webサイトをご覧ください。