愛知大学図書館

名古屋図書館開館カレンダー

 A…8:50-21:00   B…8:50-18:00
 C…9:00-18:00   D…10:00-17:00
豊橋図書館開館カレンダー

 A…9:00-20:00   B…9:00-17:00
 C…9:00-18:00   D…10:00-18:00
車道図書館開館カレンダー

 A…8:50-22:00   B…9:00-20:00
 C…8:50-20:00 
愛知大学図書館 日本語 英語 中国語
|図書館からのお知らせ

高校生の皆さんに図書館を開放します!

2014年度も8月1日(金)~9月5日(金)の期間、高校生の皆さんに
愛知大学図書館(名古屋・豊橋)を開放します。

静かで涼しい環境の中で、学習してみてはいかがですか。
詳細はこちらをご覧ください。

【手続き場所】                   
 各図書館1階カウンターに生徒手帳を持参のうえ、利用手続きをしてください。 
 (車道図書館は利用できません。)

【開館日・時間】  
 図書館ホームページの開館カレンダーを参照してください。

【問い合わせ先】
 名古屋図書館 TEL:052-564-6115 
 豊橋図書館  TEL:0532-47-4181

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス開始について

 7月7日(月)より、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、
入手困難なものについて、愛知大学図書館内の特定パソコンから
閲覧・複写できるサービスを開始します。

<利用条件>
 ・一般社会人の方は利用できません。
 ・利用の際は、カウンターでの申請が必要です。
 ・著作権法の範囲内でのプリントアウト(有料)も可能です。
  ※図書館スタッフによる代行印刷

サービスの詳細は、国立国会図書館Webサイトをご覧ください。

夏季休暇中の長期貸出について

7月25日(金)~9月5日(金)に借りた図書の返却期限は、
下記の通りとなります。

返却期限:9月19日(金)

(注1)貸出日から2週間を過ぎた図書に利用希望があった場合、
返却期限前でも、ご返却いただくことになります。
ご了承ください。

(注2)対象は学部・短大生のみとなります。

ILL外部書庫資料の基本料(取寄料)改定のお知らせ

愛知大学では2012年度より外部書庫資料のILL(貸借・複写)の申込みをいただいた場合、
送料に加え、基本料として1冊につき100円をご請求させていただいておりました。

2014年4月1日取寄せ分資料より基本料(取寄料)は不要といたします。

なお、従来通り、外部書庫所蔵の資料取寄せにはお時間をいただきますので、
ご理解いただきますようお願いいたします。

※OPACの検索結果で所蔵館が「外部書庫」、配架場所の頭に(外)とつく資料が該当します。
※雑誌の外部書庫の所蔵情報を確認するには、OPACの雑誌検索結果画面にある
 「所蔵情報表示」ボタンをクリックしてください。

エルンスト・ルドルフ・フーバーコレクションの配架について

ドイツ人法学者であるエルンスト・ルドルフ・フーバー氏(元ゲッティンゲン大学教授)の旧蔵コレクションが、本学名古屋図書館に配架されました。

全2,160タイトルにおよぶ本コレクションは、ドイツ近現代史に強く彩られたドイツ公法学の生成発展を一望に収めた包括的な文献集成であり、重要かつ貴重な資料です。

これは、2012年度 文科省研究設備補助金事業の採択を受けて購入したものです。

ぜひ、学内外の研究者の方に活用していただきたいと思います。

 ■配架場所:名図参考(図書館2階カウンター前)
 ■請求記号:NW7
 ■取り扱い:閲覧のみ可(貴重書に該当する資料は別置保管)

また、今年度発行した図書館報「韋編」第40号に紹介記事を掲載していますので、
ご覧ください。

東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリーがより使い易くなります!

2013年10月から導入した東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー(DCL)は、同時アクセス数を制限していましたが、2014年2月から契約内容を見直して同時アクセス数を無制限に変更します。

これから本格化する就職活動の際には必見です!!
スマホの画面にも最適化されますので、学外からも企業情報や経済・ビジネス情報を検索・閲覧できる非常に便利な機能をもったデータベースです。
ぜひ活用してください。

また、現在、名古屋図書館1階に東洋経済新報社が刊行している資料を中心として、「就活支援コーナー」を設置しています。
そちらもぜひ利用してください。

便利なデータベースを活用して就職活動をさらに充実させましょう!

東洋経済DCLへは、図書館ホームページのデータベースメニューもしくは
こちらからアクセスしてください。
(学内での利用に限ります。ただし、SSL-VPNを利用すれば学外からも利用できます。)